トランプ記憶とは?トランプ52枚全てを覚えるテクニック

トランプ記憶とは?

トランプを記憶する競技がある

トランプ記憶とはシャッフルされた1組のトランプを順番通りに正確に記憶するというものです。

もちろんマークも数字も両方です。

何のためにそんなことするの?

と思う人もいるかもしれませんね。

実はこれ、れっきとした競技なんです。

トランプを記憶するタイムを競う競技があるのです。

 

 

記憶力を競う大会の種目の1つ

記憶力を競う大会が世界40か国以上で開催されており、「世界記憶力選手権」という世界大会も毎年開催されています。

そしてトランプ記憶はそんな記憶力の大会で行われる種目の一つなのです。

正式には「スピードカード(SPEED CARD)」と呼ばれています。

世界記憶力選手権の様子や種目についてはこちらに詳しく書いています。

世界記憶力選手権って知ってる?記憶の達人が世界中から大集合!

2017.12.16

世界記憶力選手権って何をするの?記憶力競技の内容に答えるよ!

2017.12.17
HiRo
私も世界記憶力選手権に出場してきたよ~♪

 

 

トランプ記憶を実際に見てみよう

世界チャンピオンの動画を見てみよう

ではトランプ記憶が競技の一つだとわかったところで、どんなものなのかを実際に見てみましょう。

言葉で説明するよりも、動画を見てもらった方が早いと思います。

 

いかがでしたか?

この速さで記憶しているなんて、凄すぎて見ているだけでしびれてきませんか?

HiRo
すっ、凄すぎる・・!!

 

 

ちなみにこちらの動画は2015年から3年連続で記憶力世界チャンピオンに輝いているアメリカのALEX MULLEN選手です。

2017年12月の世界選手権では自身の持つ世界記録を塗り替え、

現在の世界記録は15.61秒です!(2018年2月現在)

 

答え合わせの様子も見てみよう

上の動画では記憶しているときの手元の様子だけでしたが、

実際の競技の時には記憶し終えると、もう一組のトランプを使って順番通りに並べ替えを行います。

そして2組のトランプを同時にめくりながら、1枚ずつ答え合わせをしていきます。

こんな感じです。

こちらは世界選手権で2度の2位、3度の3位の実績を持つドイツのSIMON REINHARD選手です。

 

どうやって覚えているだろう?

これを見てると、

  • どうやって覚えているのだろう?
  • 何でそんなことができるのだろう?

そんな風に興味がわいてきたんじゃありませんか?

HiRo
うんうん、興味わいてくる!

 

 

トランプ記憶はだれでもできるよ!

トランプ記憶ができる人というのは、

  • 写真を撮るみたいに映像記憶ができる人
  • 生まれつき超人的な記憶力を持っている人
  • サヴァンのような特殊能力を持っている人

こういった人たちだと思っていませんか?

トランプを記憶するなんて一般人には無理なことだと思っていませんか?

実はこれ・・・

 

誤解なんです!

 

トランプ52枚全部覚えるくらいなら、誰だってできるようになります。

1分や2分を切るくらいのスピードになるにはかなりの練習が必要になりますが、タイムに関係なく52枚を覚えるだけなら誰でもできるようになりますよ。

ほんと「誰でも」です。

 

記憶力が良い、悪いもほとんど関係ありません。

  • 昨日のお昼に何を食べたか思い出せない人でも…
  • 結婚記念日を忘れていて大変な目にあった人でも…
  • 去年の流行語大賞を忘れた人でも…

大丈夫です!これらは全く関係ありませんよっ!

HiRo
マジで!?

 

 

トランプ記憶にはテクニックがある

トランプをイメージに置き換える

あなたの今の記憶力はほとんど関係ありません。

なぜならトランプを記憶するのには、テクニックがあるからです。

いかに記憶として残りやすく、いかに思い出しやすくするか、ちょっとした工夫をしているのです。

その工夫とは・・・

 

トランプをトランプとして覚えるのではなく、トランプをイメージに置き換えているのです。

トランプの数字やマークをそのまま覚えているのではなく、トランプ1枚1枚を全てイメージに変換して記憶しているのです。

 

イメージに置き換えるから記憶できる

イメージに変換して覚える方が難しそう・・・

そんな風に感じるかもしれませんが、イメージに置き換えるからこそ記憶できるのです。

イメージに置き換えることで、トランプの並びが映像のようにビジュアル化され、ストーリーができあがり、記憶として残しておくことができるのです。

トランプをどのようにイメージに変換するかについてはこちらに詳しく書いています。

【トランプ記憶】トランプをイメージに変換する方法

2017.06.14

 

記憶の達人もみな使っているテクニック

世界記憶力選手権に出場している記憶の達人と呼ばれる人たちも、みなこのテクニックを使っています。

トランプのマークと数字をそのまま記憶しているのではなく、トランプをイメージに変換して記憶しているのです。

動画で見てもらった世界チャンピオンのALEX MULLEN選手だって同じです。

彼の場合は2-card-systemと言われる、2枚のカードを一つのイメージに変換するというかなり高度なテクニックを使っていますが、イメージに変換して記憶するというやりかたは同じです。

 

記憶の宮殿を使っている

さらにもう一つ大事なテクニックがあります。

トランプを順番通りに記憶するには、記憶の宮殿(メモリーパレス)を使っています。

記憶の宮殿というのは、頭の中に記憶を保管しておく「記憶の保管庫」のようなものです。

記憶の宮殿を使うことで、トランプの並びも正確に記憶することができます。

記憶の宮殿についてはこちらに詳しく書いています。

記憶の宮殿とは?場所の記憶を利用して覚える方法

2017.06.07

 

 

どれくらいでできるようになるの?

目安は1~3ヶ月くらい

テクニックの話をしていると、なんだか難しそうに聞こえるかもしれませんね。

でも、心配ありません!

そんなに難しいことではありません。

正しいやり方で、しばらくトレーニングをすれば、あなただってできるようになりますよ。

個人差もありますが、1~3ヶ月もあれば1パック52枚のトランプを記憶することができるようになっているでしょう。

 

焦らず少しずつ

初めは5枚、10枚でも難しく感じるかもしれません。

でも焦らずにしばらく続けてみてください。5枚だったのが10枚に、10だったのが20枚に・・・

覚えられる枚数が伸びてきます。

52枚だとゴールが遠く感じるので、まずは半分の26枚くらいを目標にしてみるといいかもしれません。

 

コツがつかめると一気に伸びる

しばらく続けているとコツがつかめてきて、一気に記録が伸びてくる時期もあります。

前回よりも5枚や10枚くらい一気に記録を更新する時もでてくるので、慣れてくるまではしばらく頑張ってみましょう。

 

トレーニングでぐんぐん伸びる

私自身も始めはまったくできませんでした。

初めて1パックを覚えられた時も、タイムは10分くらいはかかっていたと思います。

それでもトレーニングを続けていると、タイムもどんどん縮まっていきますし、正確性も高まってきました。

今では1組を記憶するのに1分前後で安定してきました。

(その時のコンディションや集中力によってミスをしたりもしますが)

 

これも特別なスキルではありません。

特殊能力や超人的な記憶力を持っていなくてもトランプを記憶することはできるようになります。

 

まとめ

まずはトランプ記憶についてまとめると

  • トランプ記憶とは1組のトランプを順番通りに記憶すること
  • トランプ記憶は記憶力競技の種目の1つ
  • 記憶力の世界チャンピオンは1組のトランプを15秒で記憶する

 

そしてこれにはテクニックがありました。

  • トランプを記憶するにはテクニックがある
  • トランプをイメージに変換して記憶する
  • 記憶の宮殿を使ってトランプの並びを記憶する
  • 記憶の達人達もこのテクニックを使っている

 

トランプ記憶は誰にでもできるようになります。

正しいやり方を知って、しばらくトレーニングをすればいいだけです。

もちろん、あなたにだってできますよ!

 

やりたーーい!と思った人はこちらをどうぞ。トランプ記憶の詳しいやり方を書いています。

トランプ記憶は意外と簡単!この3ステップで今すぐできる

2017.06.13
HiRo
一緒にトランプを覚えましょう~♪