記憶力を鍛えていたら世界が広がったってお話

 

初めはゲーム感覚で遊んでいるだけだった

記憶力のトレーニングをするようになってから世界が広がるようになりました。

トレーニングと言っても初めは一人でゲーム感覚で遊んでいるだけ。

たまたま見つけたこのサイトが個人的にはハマりました。

Memory league(メモリーリーグ)

  • 1分で手軽にできることもあり、隙間時間でできて習慣化しやすい
  • ランキングがあったり、スコアやレベルもありゲーム感覚で楽しめる
  • 他のプレーヤーと対戦したり、対戦の様子をリアルタイムで見ることもできる

そういった使いやすさもあり、最初は一人でここで遊んでいるだけでした。

メモリーリーグについてはこちらにも詳しく書いています。

記憶力を鍛えるならこのサイト!メモリーリーグが超おすすめ!

2018.03.06

初めは全然できなかったのに、不思議なものでしばらく続けているとだんだんできるようになっていきました。

レベルも面白いように上がっていきました。

 

リーグ戦に参加してみる

メモリーアスリートとの交流

レベルもほぼほぼMAXになった頃に、オンラインでの対戦のリーグ戦が行われるということを知りました。

このリーグ戦への参加が、一つに転機になりました。

HiRo
ワクワクドキドキ!

 

 

それまでは一人で遊んでいるだけでしたが、リーグ戦に参加することで、他のプレーヤーとの繋がりもできて、少し世界が広がったように感じました。

リーグ戦ではメモリーアスリートとして有名なプレーヤーもいますし、そういった方と対戦したり、交流できるだけでもいい経験になりました。

IKEAのカタログを完全に記憶している「人間カタログ」としても有名なYanjaa選手とも対戦させてもらいました。

 

「昨日の敵は今日の友」といった感じで、一度対戦すると親近感もわいて、チャット等でも話しやすくなります。

どんな記憶のシステムをつかっているのかなど、記憶のテクニックなどについてもけっこう教えてくれたりもします。

 

伝説の記憶力チャンピオンからのメッセージ

嬉しかった出来事の一つに、あのベン・プリッドモアからメッセージがもらえたこと。

ベン・プリッドモアと言えば、「伝説の記憶力チャンピオン」としてこの本にも登場していた人物。

 

そんなベンから、ある対戦で勝利したあとにお祝いコメントをいただきました。

 

 

ベンからコメントを頂けるなんて思ってもみなかったですし、しかも日本語だったので、思わず「Real ben?」と失礼な返しをしてしまいました(笑)

 

ほんの数行のメッセージを交わしただけですが、この時は本当に嬉しかったな~~。

HiRo
律儀に「Real ben」って返してくれているし(笑)

 

 

リーグ戦での日本人対決

もう一つの転機はリーグ戦での日本人対決。

たまたま同じリーグで青木健さんと対戦することに!

青木健さんと言えば、記憶力日本選手権の元チャンピオンでもあり、海外でも数々のタイトルをとっている、私にとってはまさに雲の上のような存在!!

 

そんな青木さんと対戦できたことも貴重な経験でした。

 

ここでも「昨日の敵は今日の友」

対戦を終えたあとに、青木さんの方からメッセージをいただきました。

  • 「日本でもトップレベルですよ!」
  • 「世界でもかなり通用すると思いますよ!」
  • 「海外の大会に出て活躍してください!」
HiRo
お褒めの言葉をいただきました~

 

そして、その言葉を真に受けて・・・

記憶力の国際大会に出場することに!

 

台湾記憶力選手権に出場

青木さんのお誘いもあり、2017年10月の台湾の記憶力選手権に参加してみることに。

記憶力のトレーニングを初めて半年足らずで、国際大会に出るとは思わなかったな~(笑)

HiRo
まさに世界が広がってる~~!

 

 

ルールもいまいちよく分かっておらず、大会当日のタクシーの中で、青木さんに親切にいろいろと教えていただきました。

 

そして、結果は・・・

 

11位(エントリー80人中)

 

初めての国際大会で緊張もあり、いろいろミスもあった中、自分なりにはまずまず健闘した方かなと思います。

 

でも結果どうこうよりも、大会を通じて他国の選手と交流できたことが一番の収穫でした。

特に台湾の人たちはとても親切で、試合が終わった後にも一緒に食事に連れていってくれて、楽しい時間を過ごすことができました。

HiRo
ご飯も美味しかった~!

 

 

世界記憶力選手権に出場

その後も、なんだかんだあって、世界記憶力選手権にも出場することになりました。

HiRo
はしょり方が雑すぎ!(笑)

 

 

一人でゲーム感覚で記憶力のトレーニングを始めてから、まだ1年もたっていないのに、まさか自分が世界選手権に出るなんて夢にも思っていなかったです。

世界記憶力選手権については、本でも読んだことがあるし、そういう大会があることは知っていたけれど、自分には全く関係のない世界のことだと思っていました。

大会会場を見渡しても、今までブログやYou tubeで参考にさせてもらっていた人たちがいて、しばらくは興奮が抑えられませんでした(笑)

HiRo
あっ!あのブログの人だ!!

 

 

憧れている選手にも会い、世界のトッププレーヤーたちとも交流することができ、まさに世界が広がっているのを実感する瞬間でした。

世界記憶力選手権についてはこちらに詳しく書いてます。

世界記憶力選手権って知ってる?記憶の達人が世界中から大集合!

2017.12.16

 

記憶力で世界を広げよう!

記憶力を通じて世界が広がった

記憶力をゲームとして遊んでいるところから始まり、メモリースポーツという競技としてやるようになり、世界記憶力選手権にも出るようにもなりました。

世界選手権がなければ人生のうちでジャカルタに行くこともなかったかもしれませんし、競技を始めていなければ記憶の達人たちと直接出会えることなんてなかったかもしれません。

「記憶力」を通じてどんどん世界が広がっていきましたし、これからもまだまだ広げていきたいと思っています。

 

世界の広げ方は様々

大会に出たり、競技を始めたりするのが全てではありません。

世界の広げ方は人それぞれだと思います。

  • 「資格の勉強に活かせるようになってステップアップできた」
  • 「特技が何もなかったけど、数字記憶という特技が一つできた」
  • 「トランプ記憶を飲み会で披露して人脈が広がった」

こんなのでもいいと思います。

「記憶力、記憶術」はそんな自分の世界を広げてくれる力を秘めていると思います。

世界を広げていく一つのツールとして「記憶術」を始めてみてはいかがでしょうか。

HiRo
記憶術で一緒に世界を広げていこう~!

 

2 件のコメント

  • メモリーリーグのおかげで練習が捗っています! 1日3回じゃ物足りなくて年間パス購入しました。まだまだ宮殿が少ないので、やりすぎるとイメージが渋滞しがちなのが最近の悩みです。NamesとWordsが難しいです。
    大会やオンライン対戦もそのうちチャレンジしようと思っています。
    課題だらけですが、日々成長してる実感が嬉しいです。
    まだまだ遠いですが対戦できる日を楽しみにしております。

    • おっ、年間パス買いましたか!
      ハマると3回じゃ物足りないですよね。やっとエンジンがかかってきたところで終わってしまうので。
      イメージが停滞しているということは、それだけ練習を頑張っている証でもありますよ!
      初めのうちは宮殿が少なくてもいいので、焦らずに今ある宮殿をスムーズに使いこなせるようにしていけばいいと思います。

      対戦もぜひぜひやりましょう!
      一人での練習の時とは違って、対戦だと緊張して実力が出し切れないこともあれば、気合が入って自己ベストを更新できるってこともあります。
      対戦は集中力やメンタル面をコントロールするトレーニングにもなると思います。
      今のレベルに関わらず、どんどんやってみたらいいと思いますよ。
      対戦したいなと思った時はいつでも連絡してください。ぜひ一緒にやりましょう!
      リーグ戦も今シーズン(season2)は日本人は私だけのようなので、日本人がもっと増えてくれると私も嬉しく思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です