『金のセンテンス』のおすすめの使い方は暗唱【TOEICにも効果的】

金のセンテンスがいいらしいからやってみようかな

金のセンテンスを持っているけど効果的な使い方が分からない

TOEIC高得点の人はどんな風に使っているんだろう

今回はこんな方へ向けての内容です。

 

私は金のセンテンスを愛用しています。テキストも使い込んでいるので、今では「緑のセンテンス」になっているくらいです。

そんな私が金のセンテンスのおすすめの使い方を紹介していきます。

 

おすすめの使い方は暗唱

金のセンテンスのおすすめの使い方はずばり暗唱です!これ一択です!

単語を覚えるのだって、リスニング力をつけるのだって、暗唱一つでOKです。

暗唱しながら目も口も耳も使って単語を覚えましょう。

たくさんお手本となる音声を聞いて、たくさん口に出すことでリスニング力だって鍛えられていきます。

やることは暗唱一つでOKです。

暗唱って何度も口に出さないといけないし、負荷も高いですが、その分効果だって大きいです!

英語暗唱の10の効果!TOEICのスコアアップにも有効

 

金のセンテンスを選ぶということは、TOEIC対策の人がほとんどだと思います。

金のセンテンスにはTOEICに必要なものがギュッと詰め込まれているので、これを1冊をやりこむだけでめきめきと力がついてきます。

ただ単語を覚えて終わり、意味を理解して終わりではもったいないです。この1冊を完全に吸収するくらいの気持ちでやりこんでみてください。それだけで800点をクリアするくらいの力はつきます。

私は金のセンテンスをテキストを見なくてもスラスラ言えるくらいまでやりこみましたが、TOEIC本番でもデジャブのような既視感が凄いです!それくらいにクオリティーが高いです。

TOEIC900点をクリアできたのも、このお陰といっても過言ではないくらいです。

【TOEIC】金のセンテンスを1冊丸々360文を完全記憶してみてわかった6つのこと

 

たくさん聞いて、たくさん口に出してこそ身につく

テキストを読んだだけでやった気になっていませんか?

単語の意味を覚えただけ、文章の意味を理解しただけで終わっていませんか?

それってすごくもったいないですよ。

英語は言葉です。たくさん聞いて、たくさん口に出してこそ身に付きます。

 

野球だってサッカーだって本を読んでいるだけじゃうまくならないですよね。

本で知識を得るのも大事ですが、たくさんボールと触れ合って、体を動かすことで上達していきますよね。

英語にしても同じことです。

ただ本を眺めているだけ、ただ意味を理解しただけでは、英語力はさほど上がりません。

たくさん聞いて、たくさん口に出すことで身についていきます。

そういった意味でも暗唱がおすすめです。

暗唱は負荷も高いですし、面倒だからと避けたくなる気持ちもわかりますが、英語力を高めたいなら暗唱をやってみるのをおすすめします。

 

手段が目的にならないように

「音読がいいらしい、シャドーイングがいいらしいい」

そう聞いて、それをやっていることに満足していませんか?

手段が目的にならないように気を付けてくださいね。

 

これは暗唱にも言えることです。

暗唱も覚えることが目的ではありません。内容をしっかり理解し、それを自分の口からも再現できるレベルまで仕上げることによって英語力を高めることが目的です。

ただ覚えるだけ、ただお経のように唱えるだけだと効果も半減してしまいます。

覚えることが目的になってしまわないように気を付けてください。

 

暗唱を楽しもう!

でも暗唱ってきつそう…辛そう…面倒くさい…

ここまで読んでも、暗唱をやることにネガティブなイメージを持っている人もいると思います。

でも暗唱ってやってみるとけっこう楽しいですよ!

暗唱って勉強というよりも、むしろスポーツに近い感覚です。

口や体を使って英語を身に着けていく感覚なので、やり終えた時にはスポーツの後のような爽快感や充実感も得られます。

暗唱の楽しみ方は別記事でまとめているので、こちらも参考にしてみてください。

英語暗唱の楽しみ方!英語暗唱を楽しむ10の方法

 

いざ実践!

「金のセンテンス」の効果的な使い方が分かったので、あとは実践していくだけです。

暗唱の効果をぜひご自身で確かめてみてください。

スラスラと暗唱できるくらいまでやりこめば、ステージが変わってくるのを実感できると思います。

TOEICのスコアとしても反映されるでしょう。

そういった変化を得られるのを楽しみにしながら、英語暗唱をやることも楽しんでみてください。

HiRo

暗唱を楽しもう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です