合コンや宴会での一芸ネタに困ったら数字記憶がおススメ!

合コンや宴会での一芸ネタとしてトランプ記憶がおすすめという記事を書きましたが、実は数字記憶もパフォーマンスとして披露することができます!

トランプ記憶は合コンや宴会での一芸ネタにおススメ!9つの理由とは?

2017.06.28

 

円周率を暗唱するのが人気らしい

円周率100桁をスラスラと

宴会芸として記憶した円周率を暗唱するのが人気らしいです。

参照:宴会芸.com(人気の宴会芸に入っています)

円周率を100桁を何も見ずに、スラスラよみあげていくものですね。これなら小道具なども必要ありませんし、どこでも手軽に披露することもできますしね。

私も随分前ですが、自己紹介の時にこれを披露している女性をみたことがあります。当時は記憶術とも出会っていなかったですし、めちゃすげぇ~と思ったものでした。

 

凄いけど…言えて当たり前

これももちろん凄いことは凄いのですが、いきなり披露されても見ている方としては、それがあっているのか間違っているのかが分かりませんよね。仮に正解と照らし合わせながら披露したとしても、「一度記憶したものだから、どうせ間違えずに言えるんでしょ」とちょっと冷めた目で見てしまいがちです。

何度も暗唱して長期記憶としてすでに覚えているものは、いわば言えて当たり前なのです。小学生が九九を披露するようなものです。(もちろん時間を割いて覚えようと努力したことは素晴らしいですが)

そこでもう1段階レベルを上げるのです!

 

パフォーマンスとしての数字記憶

その場で記憶する!

円数率のように決まったものをあらかじめ記憶しておくのではなく、その場でランダムに並んだ数字を記憶するのです。そうすることで一気にパフォーマンス性がアップします。

 

見ている人たちも参加させる

円周率を暗唱するのは、言わば一方通行の芸です。こちらが用意したものを見てもらうだけです。見ている人たちも巻き込んで双方向にすることでより楽しんでもらうことができます。

何をするかというと、見ている人たちに数字を決めてもらうのです。口頭で言ってもらっても構いませんし、紙に書いてもらってもかまいません。その場で数字を選んでもらい、その数字を記憶していくのです。こうすることで、見ている人も一緒に参加している気分になります。

「覚えにくそうな番号を選んでみよう」とか「わざとゾロ目にしてみよう」とか考えながら数字を選ぶでしょう。

 

ハラハラドキドキ感を演出せよ

円周率を披露するだけなら、一度記憶したものなので、言えて当然なわけです。見ている方もどうせ言えるんでしょと少し冷めたところもあるでしょう。しかしその場で記憶するとなると、「本当にできるの?」というハラハラドキドキ感を演出することができます。

数字を答えていく時にも、途中でわざと悩んだふりをしてみたりするのもよいでしょう。

 

いつでもどこでも気軽にできる

そして数字記憶のよいところはいつでもどこでもできることです。トランプ記憶を披露するならトランプを用意しておかなければいけませんが、数字記憶なら急な場面でも(どんな場面だろう?)、いきなり披露することができます。

 

数字記憶の披露の仕方

まずは数字を決めてもらう

数字はその場で短時間のうちに記憶するものなので、30桁くらいでも十分に驚かれるでしょう。一人を指名して、その人に30桁を書いてもらっても構いませんし、一人一人に好きな数字を挙げていってもらって30桁にしてもいいでしょう。自分の好きな方法でいいので、まずは覚える数字を決めてもらいましょう。

そしてこの数字の桁数は自分の実力に応じて選んでください。50桁いけるなら50桁でも構いませんし、まだ自信がなければ20桁くらいから経験を積んでいけばよいでしょう。

 

数字を記憶する

数字が決まれば、あとはその数字を記憶していきましょう。数字をイメージに変換し、それを記憶の宮殿に並べていけばいいのです。これを短時間でできるように練習しておきましょう。(さらっと言いましたがここが結構難しいと思います。)詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

数字記憶とは?100桁の数字もたったの5分で覚えるテクニック

2017.06.19

 

記憶した数字を披露する

記憶ができたら、その数字を頭から一つ一つ発表していきましょう!スラスラとつっかえることなく言ってもいいですし、途中でわざと悩んだフリをしてみるのもよいでしょう。ここでパフォーマンス性を存分に発揮してください。

最後まで言い終えた頃には見ている人たちが驚いてくれること間違いなしです!

 

数字記憶をマスターしよう!

ここまでパフォーマンスとしての数字記憶がどんなものかについて書いてきましたが、少しでも興味が湧いたならまずはチャレンジしてみてください。数字記憶のテクニックに関してはこちらにまとめてありますし、ここに書かれていることをやればマスターできるようになります。

数字記憶とは?100桁の数字もたったの5分で覚えるテクニック

2017.06.19

【数字記憶】数字をイメージに変換するテクニック

2017.06.20

 

1日や2日で簡単に身につくものではありませんが、時間をかけてでも身につけるだけの価値は十分にあります。トランプ記憶と同じで数字記憶もコスパは高いです。こちらに書かれていることは数字記憶にもそのまま当てはまるので、こちらも読んでやる気を高めてください。

トランプ記憶は合コンや宴会での一芸ネタにおススメ!9つの理由とは?

2017.06.28

そして「やろう!」と思った時はこちらも参考にしてみてください。この6つのポイントもそのまま数字記憶に当てはまります。

トランプ記憶を披露しようと思った人向け!この6つのポイントを押さえよ!

2017.06.29

 

数字記憶を楽しみ、パフォーマンスとして活かす

円周率を覚えたり、数字の羅列を覚えても何の役にも立たない

こんな風に言われたりもしますが、実はパフォーマンスとして活かすことだってできるのです。パフォーマンスとして披露することを目標とすることで、数字記憶をマスターすることも楽しくなってくるでしょう。

ぜひ数字記憶を楽しみ、数字記憶を活かせるところを目指してみてください。