「トランプを覚えて何の得になるの?」トランプ記憶6つのメリット!

「トランプの記憶術にハマってるんだよね~」

「ようやくトランプ52枚を覚えられるようになったよ~」

こんなことを言うと、かなりの確率でこういう答えが返ってきます。

 

「トランプを覚えて何の得になるの?」

「何か使い道あるの?」

こういった身も蓋もない答えが返ってきます。。。

えぇ、分かります、その気持ち。実は私自身も以前はそう思っていましたし。

でも、実際にやり始めてみたら、その答えが段々と見えてくるようになりました。そこで、今回はその質問に全力で答えてみようと思います。

 

その1:純粋に楽しいよ!

私自身もやり始めた当初は、この質問に反論する答えを持ち合わせていませんでしたし、自分でも同じように思っていました。だから自分への挑戦だと思ってやり始めたのです。

そもそも「何の意味があるの?」とか言い始めたら、なんだってそうじゃないか?

野球でも「何でボール投げるの?ボール投げて何の得があるの?」ってなるし。

そんな屁理屈みたいなことをぶつくさ言いながら、トランプ記憶を始めたのでした。

HiRo
でもいざやり始めたら、めちゃ楽しかった!!

 

5枚でも10枚でも覚えられたら嬉しいし、トランプを覚えようと必死になってイメージを膨らませたり、ストーリーを作ったりするのが、めちゃくちゃ楽しく感じられました。

トランプさえあればちょっとした隙間時間でもできますし、適度に頭も使いますし、いいリフレッシュにもなります。新しい趣味ができた感じでした。

これを楽しいと感じるかどうかは人それぞれだと思いますが、実際にやってみると結構楽しかったりするもんですよ!

 

その2:魔法のような特殊スキルを手にした感覚

トランプを覚えるという至って単純なことだけど、はじめはなかなか難しいです。数字は思い出せても、マークが思い出せなかったり、似たようなイメージが混ざり合ったりして、なかなかすぐには結果が出ません。でも覚えられる枚数が5枚、10枚、15枚と徐々に増え、20枚くらい覚えられるようになってくると、楽しさもより増してきますし、何とも言えない充実感が出てくるんですよね~。

そして52枚全部覚えられた時には、その場でガッツポーズをしてしまうくらい興奮と感動があったりします!まるでフルマラソンの42.195キロを完走した時のような!(走ったことないけど)

自分でもまさか52枚を全部覚えられるようになるとは思ってもいなかったですし、なんだか魔法のような特殊スキルを手に入れたような感覚でした。もし私がゲームのキャラとかなら、ステータスの欄に「特殊スキル:トランプ記憶」と記されていることでしょう(笑)

HiRo
私のスキルはトランプ記憶である!

 

多分ここまでの2つじゃ、「なんだ、やっぱりその程度なんだ」と思われるでしょう。でも、ここから徐々に「えっ、それマジ?」って思える内容に入ってくるので、もう少し読んでみてくださいね。

 

その3:記憶の量とスピードがアップ!

トランプ記憶をやると、トランプだけでなく全体的に記憶力が良くなります。トランプ記憶を通じて、記憶のコツやテクニックも身につくので、記憶力にも自信がもてるようになってきます。

これ、すごいと思いませんか!?

特に実感するのが、記憶のスピードと量。この2つバロメーターが伸びていっているのが、目に見えるようにして分かります!!

まずは量から説明すると、トランプを覚える枚数が10枚、20枚と増えるにつれ、なんだか記憶の貯蔵庫が大きく増設されたみたいな感覚になってきます。トランプだけじゃなくて、数字や単語など、他の物でも覚えられる量が増えてきます。

さらにはスピードも。トランプ記憶もトレーニングを重ねることで、5分かかっても10枚くらいしか覚えられなかったのが、同じ時間で15枚、20枚と覚えるスピードも速くなってきます。記憶するスピードが上がってくるのも実感できるようになります。

 

 その4:記憶力の土台が鍛えられる

これはあくまで私の推測ですが、トランプ記憶を通じて、記憶力の土台となるものが鍛えられているように思います。

野球がうまくなりたければ、キャッチボールや素振り、走り込みといった基礎も大事になりますよね。キャッチボールでしっかりコントロールをつけて、素振りをして自分のフォームを作り、走り込みで体力を強化し、足腰を鍛える。こういった基礎ができるようになることで野球の試合でも結果が出てくるでしょう。

トランプ記憶ってまさにそんな感じです。それ自体は地味で、全く役に立たなそうでも、実は記憶力の土台となるものをしっかり鍛えてくれているように思います。トランプを記憶する際に記憶の宮殿を利用するので、イメージ力や集中力も鍛えられていきます。

私の推測と書きましたが、実はこれらのトレーニングの有効性を述べている研究や記事も実際にあったりもするんですよ。

記憶力増強法を脳科学で検証する

これで、「おっ、トランプ記憶もなかなかやるじゃん!」って少しは思えてきたんじゃないですか?

 

その5:速読が身につく!

さらには速読も身につきます。「そんなまさか!」と思うでしょ!?(笑)

速読といってもペラペラ高速で読めるようなものではないですし、5倍10倍になるわけでもありません。厳密には読書スピードが上がると言った方がいいでしょう。

これも実感することが多々あり、ポイントもいくつかあるのですが、簡潔に言うとトランプ記憶によってイメージ力が上がるからだと思います。

読書をするときって少なからず、イメージを描きながら読んでいると思います。イメージ力がつくことで、イメージが描きやすくなり、本の理解力も増しているのだと思います。またイメージを描くスピードも上がっています。本を読んでいる時の脳の処理速度が全体的に速まっているような気がします。

さらには音声化も少なくなります。本を読んでいる時に、文字を頭の中で声に出すクセがある人が多いと思います。

「文字→音声化→理解」のステップを踏んで読んでいるのが、

「文字→イメージ」となり、音声化をするのも少なくなります。

ここまでくるとだんだん「トランプ記憶すげぇ~、やってみたい~」ってなりませんか!?

 

その6:ヒーローになれる!

そしていよいよラスト。トランプ記憶でヒーローになれるのです!(そんなまさかって思ってるでしょ!)

早速ですが、記憶力世界チャンピオンのこの動画をみてください!

世界にはこんな速さで覚える記憶の達人もいます!

答え合わせの様子はありませんが、このスピードで覚えているというだけで、しびれてきませんか?

 

こちらも過去に3度の世界チャンピオンになったベン・プリドモアさんの動画です。

こちらには答え合わせの様子もあります。

 

これで、「ヒーローになれる!」の意味も理解してもらえましたか?私も彼らに魅了された一人ですし、彼らは私にとってはヒーローです。

あなたもトランプ記憶で、もしかしたらヒーローになれるかもしれません。ここまでのスピードは無理にしても、52枚を覚えるだけなら、トレーニングすれば誰にでもできるようになります。宴会や飲み屋の一発芸レベルなら十分に目指せるでしょう!手品と違って、これにはタネがありません。サラッと披露すれば手品以上に驚かれるかもしれませんよ。

 

まとめ

一見何の役にも立たなそうに思えるトランプ記憶でも、実際にやってみることでメリットを感じられることがたくさんありました。記憶力も鍛えられ、速読も身につくなど嬉しい副作用もあります。それに純粋に楽しいです!特殊スキルを手に入れたような喜びがあります!

トランプ記憶に限らず、何事もやる前から意味とか損得とかを考えすぎずに、まずはやってみることだと思います。やってみることで後から見えてくることもあります。やりたいと思ったら、周囲の雑音を無視してやってみればいいのです。

あなたもトランプ記憶という特殊スキルを手に入れてみませんか?

2 件のコメント

  • はじめまして。年齢とともに記憶力が低下しているのを感じ、何かせねばと思っていたところでこちらのサイトに出会いました。
    記憶力競技に参加するつもりはないのですが、語学力や新しい知識を得るため、また人の名前を覚えるのが苦手なので、こちらの記憶術の場所法にチャレンジしたいのですが、やはり最初はトランプ記憶から始めてみるのがいいのでしょうか?それともとりあえず一つずつでも何かのイメージを宮殿に置いてとにかく覚えていく方法を取った方がいいのでしょうか?
    皆さんのように秒を競うつもりは全くなく、あくまでも自身の記憶力強化のために始めたいと思っています。トランプ52枚のイメージを覚えるのも大変そうなのですが、それでもトランプ記憶を少しずつやっていくうちに、他方面の記憶力(語学や人名覚え)も伸びてくると実感できるものなのでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です