トランプ記憶に関する疑問に全力で答えてみた!

ここまでトランプ記憶の具体的なやり方を書いてきましたが、いざやろうと思ってもいろんな疑問が湧いてくると思います。不安や迷いなくトランプ記憶を純粋に楽しんでもらえるように、ここではトランプ記憶に関するいろんな疑問について答えていこうと思います。

 

トランプ記憶に関する疑問に答える

トランプ記憶って何?

1組のトランプ52枚全てを記憶することです。

記憶力選手権の競技の一つでもあり、Speed Cardという競技では52枚をどれだけ速く覚えるかを競います。またOne hour cardsと呼ばれる1時間でどれだけのカードを覚えられるかといった競技もあります。私はこの競技に魅了されて徐々に記憶の世界に引き込まれていきました。

 

映像記憶(写真記憶)できるの?

できません。トランプを写真にとるように映像記憶として覚えているわけではありません。トランプ記憶にはテクニックがあります。記憶力選手権に出場している選手たちもそのテクニックを使ってトランプを覚えています。

トランプ52枚を10秒台でおぼえてしまうような世界チャンピオンクラスの人たちでも同じです。彼らも映像記憶(写真記憶)で覚えているのではなく、日々のトレーニングによって速く正確に記憶できるようになったのです。

 

なんでそんなことできるの?(どうやって覚えているの?)

トランプをそのまま覚えるのではなく、トランプを全てイメージに置き換えて覚えているからです。これについては、他の記事で詳しく説明しているので、そちらを参照してください。

トランプ記憶は意外と簡単!この3ステップで今すぐできる

2017.06.13

 

どれくらいでマスターできるの?

正しいやり方を知って、トレーニングをすれば1~3ヶ月もあればできるようになります。もちろん個人差もあります。トレーニングは長時間やるよりも、短時間でいいので集中してやったほうがいいです。1日5分、10分でも構わないので、集中して毎日続けることです。そうすれば1~3ヶ月でマスターできるでしょう。

 

誰でもできるようになるの?

やる気さえあれば誰でもできるようになります。まずは正しいやり方を知り、あとはトレーニングを積むだけです。私も初めは5枚覚えるのもやっとでしたが、慣れてくると覚えられる枚数がどんどん増えていきました。あなたもやる気さえあれば必ずできるようになりますよ!

 

独学でもマスターできるの?

できます!私も誰にも習ったことはありませんし、周りにできる人もいなかったので、本やネットでの情報をもとにいろいろ試行錯誤しながら独学でマスターしました。ただ一人でやっていると、なかなかコツがつかめなかったり、これであっているのか間違っているのか分からなかったりすることもあると思います。周りに教えてくれるような人がいるなら(なかなかいないよね)、教えてもらった方が手っ取り早いでしょう。

分からないこと、困ったことがあれば、私にメールしてくれてもいいですよ。私にわかる範囲のことならお答えします!

 

記憶するコツみたいなのはある?

イメージ力を働かせることです。トランプを全てイメージに変換し、そのイメージを記憶の宮殿という記憶の貯蔵庫に並べていきます。頭の中でイメージをフルに働かせることが必要になるので、日頃からイメージを描くクセをつけておくとよいと思います。

それとインパクトを出すことです。印象に残りやすいインパクトのあるイメージにすることで、より記憶として残りやすくなります。

 

トランプを覚えて何か役に立つの?

記憶力もよくなりますし、脳も鍛えられます。トランプを覚えることで、記憶のスピードも記憶できる量も格段に上がります。別にトランプではなく、数字でも単語でも他のものでもいいですが。トランプ記憶が役に立つかは、他の記事で詳しく書きます。

「トランプを覚えて何の得になるの?」トランプ記憶6つのメリット!

2017.06.16

 

トランプ記憶ができたら神経衰弱も楽勝?

通常のトランプ記憶とは少しやり方を変える必要がありますが、トランプをイメージ化して覚えれば楽勝です。ちなみに世界記憶力選手権で8度優勝したドミニク・オブライアンさんはトランプを覚えることでカジノで勝ちまくって、カジノを出禁になったそうです。

その様子はこちらの本に書かれています。トランプ記憶のやり方も書かれていますし、一読の価値はあります。

 

 

疑問・質問があればお気軽に

日頃よく聞かれるようなこと、多くの方が疑問に思っていそうなことについて答えてみました。少しは役に立ちましたでしょうか?他にも疑問、質問等がありましたらどんどん追記していきますので、お気軽にお知らせください。