英単語検定の効果的な勉強法。1級取得者が教えるよ!

  • 英単語検定を受けようと思うけど何をすればいいのかな?
  • テキストは何を使えばいいんだろう?
  • 英単語検定を受けた人はどんな勉強をしたんだろう?

今回はこんな疑問を持つ方に向けての内容です。

英単語の覚え方は以前に書いていますので、ここでは英単語検定に特化した検定の攻略法みたいなものを書いていきますね。

英単語検定1級も楽々合格した英単語の覚え方11のコツ【メモリーアスリート流】

 

記事の信頼性

これを書いている私は英単語検定1級を一発合格しています。点数も自己採点で96点と楽々合格でした。

究極の英単語シリーズ4冊・12000単語を覚えていますし、TOEIC900点ホルダーでもあります。

 

究極の英単語をやる

単語のテキストは何をやるかですが、これは「究極の英単語」をやっておけば間違いありません。

ほぼここから出ますので、これをしっかりやっておけば合格できます。

 

3000単語 ずつで4つのレベルに分かれています。自分が受験する級に合わせてテキストを選んでください。

HiRo

これをやれば間違いない!

 

公式テキストもやっておく

英単語検定には過去問が4回分収録された公式テキストが出ています。

まぁ究極の英単語さえやっておけば、それだけでも合格できるといえばできるんですけど、公式テキストもやっておいた方が無難です。

問題と答えが載っているだけで、説明とかも一切なくて、選択肢に登場した単語の意味も自分で調べないといけません。よく言えばシンプル(逆に言うと不親切…)なテキストですが、やっておくのをおすすめします。

どういった問題が出題されているのか、出題レベルを知ることができますし、問題に慣れることもできます。

現状の自分がどの程度なのか自分の実力把握にも使えます。

それと時間内に解き終えられるかも一度体感しておくとよいでしょう。

100問を35分で解かないといけないので、1問20秒くらいのペースで解く必要があります。なかなかタイトに感じる人もいるでしょう。

過去問を解いて時間内に解き終えるにはどれくらいのペースが必要なのかも経験しておくとよいでしょう。

HiRo

惜しまずに公式テキストもやっておいたほうがいいよ!

 

単語の瞬発力をつける

上で説明した通り、100問を35分で解かなければいけません。

1問20秒くらいのペースで解いていかないといけないので、じっくり考えている時間はあまりありません。

ただ意味が分かるというレベルではなくて、パッと即答できるくらいにまで瞬発力もつけておくといいでしょう。

私の場合は100単語とか150単語とかまとまった分量を1セットとして、それらの単語の意味を通しで言えるようにするタイムを計測して、タイムトライアルのようにして楽しんでいました。

タイムトライアルで瞬発力をつけたお陰で、本番でも20分くらいで解き終えてゆっくり見直しをする時間もありました。

単語を覚えただけで満足しないで、瞬発力をつけることも意識してみてください。

 

英単語のイメージを覚える

英単語検定では究極の英単語に載っている訳の2番目や3番目の意味が出ることもあります。時には究極の英単語に載っていない意味で出てくることだってあります。

1つの意味だけに絞って覚えていると答えられないこともあるので、1つの意味だけを覚えるというよりも、単語の語源などをもとに、その単語が持つイメージみたいなものをつかんでおくとよいでしょう。

イメージとしてつかんでおけば、覚えていない意味で登場した時でも、なんとなくこれだろうなというものが選べたりもします。

複数の意味が載っていると、複数の意味を覚えなきゃと思うかもしれませんが、そういった場合もイメージで関連付けて覚えるといいでしょう。

「英語⇔日本語訳」として覚えるだけでなく、「英語⇔イメージ」といった具合にイメージも活用してみてください。

 

まずは1つの意味に絞る

2番目や3番目の意味でも出題されると書きましたが、複数ある意味を最初から全て覚えようとすると大変ですよね。

上で説明したとおり、意味のイメージみたいなものをつかむといいんですが、それも難しいって人は、まずは1つの意味だけに絞ってみましょう。

まずは一通りの単語をやり終えて、余裕がでてきてから2番目、3番目の意味に手を出していけばいいです。

究極の英単語にも載っていない意味で出題されることもありますが、そういったものは指で数えられる程度です。そんなに恐れることはありません。

そういうものは捨てても十分に合格点には届くことは可能です。

 

意味さえ分かればいい

検定に合格することに焦点を当てるなら、意味を覚えることに注力しましょう。

その単語を使いこなせるレベルを目指すのなら発音や聞き取りも必要になりますが、検定対策としてまずは合格を狙うなら意味を覚えるだけで十分です。

リスニングもないので聞き取れなくてもかまいません。スペルがかけなくてもかまいません。合格の為には割り切って意味を覚えることだけに注力しましょう。

使えるレベルにしなきゃ意味がないと思うなら、合格して試験を終えてからやればいいんです。受験のチャンスは年に2回しかないので、まずは合格を勝ち取りましょう!

 

覚えやすい工夫をする

ただテキストを眺めているだけで覚えた気になっていませんか?

語源、語呂合わせ、ストーリー、イメージなどをうまく利用して覚えやすくする工夫をしてみましょう。

具体例を挙げておきますね。

sortie 名詞:出撃、突撃

究極の英単語の超上級のレベル12に出てくる単語です。

これを覚えるときでも、ばかばかしいですがこんな語呂合わせというかストーリーみたいなものを作っています。

今夜は出撃だ!敵にばれないように話したいことがあればそーっと言え(sortie)

紹介するのも恥ずかしいくらいバカバカしいけど、これをやるだけでも記憶に残りやすくなります。

HiRo

もう「sortie」の意味は覚えたよね!

 

詳しくは英単語の覚え方の記事にも書いているので参考にしてみてください。

英単語検定1級も楽々合格した英単語の覚え方11のコツ【メモリーアスリート流】

 

単語を覚えるのを楽しむ!

英単語の覚え方の記事でも書きましたが、英単語を覚えるのは楽しむことが一番です。

私の場合は100単語や150単語くらいを一つのセットにして、そのセットの意味をできるだけ速く言うタイムトライアルをして楽しんでいました。

はじめのうちは思い出しながらひねりだすように意味を言っていたのが、繰り返すうちに単語を見た瞬間に意味が言えるようになっていき、スラスラ言えるようになるのを楽しんでいました。

3000単語を2,3日で1周できるように何周もサイクルをまわすようにしていました。

HiRo

楽しむのが覚えるコツだよ!

 

思い立ったらいざ挑戦!

受験のチャンスは年に2回しかないので、思い立ったら即行動に移しましょう!

受験申込の期限がギリギリだったとしても、本番までには1か月以上あるので間に合いますよ。

私もギリギリで申し込んでから対策を始めましたが十分に間に合いました。

英単語は短期集中で攻略しましょう!

まずやることは究極の英単語をやりこむことです。

HiRo

よい報告が聞けるのを楽しみにしてるよ~♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。