英語の暗唱で英語の回路(英語脳)ができるってお話

私が英語の暗唱をやるきっかけになったはトランプ記憶や数字記憶といったメモリースポーツ(記憶力競技)でした。

メモリースポーツでのある経験から、英語の暗唱をすることで英語の回路(英語脳)みたいなものができるんじゃないか?ってひらめいたんです。

そこで今回はなぜ英語暗唱をやるようになったのか、なぜ英語暗唱をすることで英語の回路ができるのかについて、実体験を交えながらお話していきたいと思います。

 

メモリースポーツを知らない方、興味がない方でもわかりやすいようにかみ砕いて説明していきますので少々長くなっています。

5話完結のお話になっているのでよろしければお付き合いください。

1から順番に読んでもらった方が話の流れがわかりやすいと思いますが、1と2はメモリースポーツのお話になるので、暗唱でなぜ英語の回路ができるのかを早く知りたい方は5をお読みください。

私には数字がイメージに見える

トランプ記憶の回路ができた!英語の回路作りのヒントを得る

英語の回路作りの旅へ。自分自身を実験台に

英語暗唱にドハマりする。スムーズに言えるようになると楽しい

英語暗唱をやりこむことで英語の回路(英語脳)ができる

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。