トランプ記憶でタイムが伸び悩んだ時の5つの対処法

トランプ記憶、ようやく5分で出来るようになったのですが、そこから全くタイムが縮まりません。毎朝、トランプ1組だけやっているのですが、もう少し増やした方が良いのでしょうか。

こういったコメントをいただきました。

 

トランプ記憶をやっていると伸び悩む時期というのが必ずやってきます。

今回はそんな時の対処法について書いてみたいと思います。

 

プラトーだと認識する

トランプ記憶をやっていると必ずどこかで壁にぶち当たる時がやってきます。

毎日練習を続けていても全然タイムが伸びない時期がやってきます。

 

特に5分を切ったあたりからは、大きな壁が幾度となく現れてくると思います。

 

私も5分あたりで大きな壁にぶち当たってしばらく伸び悩み、そこを抜けてからもまた2分半あたりで壁にぶつかつかり・・・といった具合に何度も大きな壁に当たってきました。

1分を切るまでに同じペースで順調にタイムを縮めていったわけではありません。

 

誰もがプラトーと呼ばれる停滞期が必ずやってきます。

 

 

そしてこの時に大事なのは、

今はそういう時期なんだな

と停滞期に入っていることを認識することです。

 

停滞期があるということを知り、今はそういう時期にいるんだと認識することです。

 

今は伸び悩んでいてしんどいかもしれませんが、ここを耐えれば、レベルアップした自分に出会うことができます。

今は焦らず、プラトーの時期にいるんだなと受けとめておけばいいです。

HiRo
今は停滞期にいるんだね!

 

 

肩の力を抜いて楽しんでみる

私も何度も経験していますが、タイムが伸び悩んでくる時期ってけっこうしんどいんですよね。

 

やってもやっても全然タイムは伸びないですし、成長も感じられなくて、

  • どこが悪いんだろう?
  • 何が悪いんだろう?

みたいにいろいろと考え込んだりもしちゃって。

 

そしてだんだん面白みも感じなくなったり、逆に辛く感じるようになってしまったり。。。

中にはここで挫折してしまう人もいますしね。

 

そんな時は・・・

 

とにかく楽しんでみる!

 

私の場合はとにかく楽しむようにしています。

タイムばかり追い求めていても面白くないですし、あれこれ悩みすぎても逆効果だと思います。

 

初心にかえって、もう一度トランプ記憶を始めた頃のような新鮮な気持ちで楽しむようにしています。

 

そんな風にしていると、自分もここまでけっこう成長してきたんだなと実感することもできますし、

リラックスして楽しんでやっていると、ふとした時にヒントみたいなものが見つかったり、ふとした時に停滞期から抜け出していたりもするんですよね。

 

伸び悩んだ時には肩の力を抜いて、楽しんでみるのも悪くないと思いますよ。

HiRo
そういえば初めて52枚記憶できた時は楽しかったな~

 

 

自分のプレイを分析してみる

とは言っても楽しんでいるだけで、毎回停滞期から抜けられるというわけでもないので、少し技術的な話もしたいと思います。

 

まずやってほしいのは自分のプレイを分析してみることです。

「トランプ記憶」と一言にいっても、頭の中ではいくつかのステップが繰り返し行われていますよね。

 

具体的にいうと、

  • 記憶の宮殿のイメージを描く
  • カードを見た瞬間にイメージに変換する
  • イメージを記憶の宮殿に並べる

こういったステップがありますよね。

人によってはストーリーを作ったりもしていると思います。

 

ではその一つ一つでどこに時間がかかっているでしょうか?

タイムを縮めるにはどこをもっと速くすればいいでしょうか?

 

そういった視点で自分のプレイを分析してみると、タイムを縮めていく余地が見つかってくると思います。

そしてその部分を集中的にトレーニングしていくことで、自然とタイムも縮まってくるはずです。

HiRo
プレイを分析してみるのも大事なんだね!

 

 

どんな時でも基礎は大事

10分だろうが、5分だろうが、1分だろうが、どこを目指すにしてもやっぱり基礎は大事です。

基礎ができていなければなかなか思うように伸びないですし、停滞期も長くなってしまいます。

 

では「トランプ記憶の基礎って何なの?」と思うかもしれませんが、

それに関しては青木健さんが以前にコメント欄に詳しく書いてくれています。

http://memory-kioku.com/cards-3steps/#comment-258

 

このコメントにはすごく大事なことが書かれているので、ここを熟読してください。

日本を代表するトッププレーヤーも基礎を徹底して鍛えているのです。

 

HiRo
基礎は大事だね!

 

 

できる人に聞いてみる

あとはできる人に聞いてみることですね。

なかなか停滞期から抜け出せない場合は、どこかに問題があるのかもしれません。

もしかったら間違った方向で努力をしているのかもしれませんし、変なクセがついたりすると、タイムも伸び悩んでしまいますしね。

 

とは言っても身近に聞ける人はなかなかいないと思うので、そんな時は一人で悩まずにこのブログのコメント欄に書いてくれてもいいですよ。

最近はコメントや問い合わせも増えていて、返信が遅くなる場合もありますし、すべての返信を保証することもできませんが、できる限り答えていきたいと思っています。

特にやる気がある人からの熱いメッセージは大歓迎です!

 

このブログには青木健さん、平田直也さんといった日本を代表するメモリーアスリートもよくコメントを残してくれているので、お二人からのガチアドバイスをいただけることもありますよ!

今回もまさに青木さんがガチコメを残してくれてます。

http://memory-kioku.com/kyougi-miryoku/#comment-311

 

トランプ記憶をやっている人たちはみんな仲間みたいなものです。

みんなで一緒にがんばっていきましょう~!

HiRo
一緒にがんばろう~!

 

 

まとめ

  • プラトーだと認識する
  • 肩の力を抜いて楽しんでみる
  • 自分のプレイを分析する
  • どんな時でも基礎は大事
  • できる人に聞いてみる

トランプ記憶でタイムが伸び悩んだ時はこの5つを意識してみてください。

 

プラトーがどこでやってくるか、どれくらいの期間続くのかは個人差もあると思います。

停滞期に入ると伸び悩んでしんどいかもしれませんが、そこを耐えれば、レベルアップした自分と出会えることができます。

ここで投げ出したりせずに、一緒に頑張っていきましょうね!

HiRo
ここが踏ん張りどころだよ!